2016年03月13日

静岡県マンドリンフェスティバル


こんにちは。
Kimmy@かんぢちょです。

我が愛好会の規約の「活動」の条文には、
「他団体との交流を図る」
…の文言があります。

これに基づいて、
隔年に開催される静岡県マンドリンフェスティバルには、
基本的に全員参加で臨んでおります。

静岡県マンドリンフェスティバルの本番は、
各団体の単独ステージと、
参加団体の合同ステージで構成されます。

合同ステージは、このところ大体
客演指揮の先生をお迎えし、
参加者一同、充実した合奏体験をさせて頂いています。

本番までには数回の合同練習を行います。
各団体から選出された実行委員の方々が、
諸事万端整えて下さって、
参加者が一堂に会することとなります。

そんなこんなで今年の場合は、
マンドリニストの青山 忠先生をお迎えし、
合同演奏ステージの指揮をお願いします。

今年は4月17日(日)に、
浜松市にあるアクトシティ浜松の中ホールを会場に、
県内8団体が参加して行われることになっています。

愛好会の最近の練習では、
次回の定演のための試奏などを行うほか、
フェスティバルの単独ステージの曲と、
合同演奏の準備に力を注いでいます。

このうち合同演奏の曲に関しては、
代指揮の格好で練習を進めていくのですが、
“青山先生はどんな指揮をされるのだろう…”
と、みんな実際の合同練習を心待ちにしてきました。

そしてとうとう先日、
青山先生との初練習が実現しました。
若い団員の参加も多く、
みんな普段以上に張り切っていました。

青山先生のご指導は、
「無理に指揮に合わせず、メロディに付けて」
「楽譜に書いてあるテンポ通りじゃなくてもいいんです」
「雰囲気を大事にして」と仰る一方で、
細部の表現に対してはわかりやすい言葉で
緻密な要求を示されました。

私たちに“音楽”を体験させようと
導いて下さっていたように感じられ、
参加者もみんな集中して、
とても充実した時間になったと思います。

その日の夜、青山先生から
「静岡の皆さんのレベルの高さに驚きました!」
というメールを頂戴し、
こちらの方こそ、びっくりポン!!でした。

合同練習は、あと2回あります。
みんなそれぞれ個人的な反省点があったので、
次回までに各自しっかり補強して、
一層のレベルアップを図っていきたいと思います。

他団体の人たちとも色々お話しできました。
「あまり交流する余裕がなかった〜」
…と言っている人もいました。
それも含めて次回に更に望みを繋げられたらと思います。

IMG_2749.jpg

第14回 静岡県マンドリンフェスティバル
2016年4月17日(日)
会場:アクトシティ浜松中ホール
開場/13:00 開演/13:30

入場無料
合同演奏プログラム
『降誕祭の夜』:A.アマディ
『夏の庭』:P.シルヴェストリ
『風に祈る』:武藤理恵

posted by かんぢちょ at 21:18| Comment(0) | 日記