2016年05月27日

サロンコンサート

こんにちは。
Kimmy@かんぢちょです。

明日はサロンコンサートです。
エントリーしているメンバー達は、
合奏の練習とは別の日程で、
各々熱心に準備してきました。

今回で12回目を迎えるサロンコンサート。
思い起こせば11年前、
当時のN代表の英断で
第一回目が開催されたのが始まりです。

プログラムを見ると、
団内からの参加者だけでは足りず、
各方面に声を掛け、
何とか形にした苦労が見て取れます。

IMG_3147.jpg
第一回サロンコンサートのチラシとプログラム

実は遡ることその数年前、
合宿での「部内発表会」という企画を
前出のN代表が思いついたのが
そもそもの起こりなのです。

合宿一日目の夜の宴会の折に、
エントリーしたソロやアンサンブルの何組かが
団員の前で演奏するスタイルでした。

演奏者名は事前に会報で告知があり、
プログラムは当日ホワイトボードに記されました。
飛び入りもアリで、
大抵は酔っぱらったおじさん系でした。

今思うと、何かとゆる〜い感じでしたねぇ。

ある年、合宿の施設の夜間警備が突然厳しくなりました。
なんと宴が盛り上がっていたその時、
現れた警備員さんから注意を受け、
ついに中断を余儀なくされるという事態を迎えました。

世に言う「部内発表会中断事件」です。
(誰も言ってないか…(^_^;))

IMG_3148.jpg
過去のサロンコンサートプログラムたち

私たちは普段は合奏という形態で、
6パート以上の編成で演奏をしています。

パートにもよりますが、
同じパートは複数名で構成され、
団員が単独、
もしくは少人数で人前で演奏する機会は稀です。

が、個々の演奏スキルを磨くには、
思い切ってソロや小アンサンブルを経験することが
とても有効なのです。

大勢の中で人に頼りながら弾くのに比べ、
より自分の音楽と向き合わざるを得ないからに他なりません。

個々に研鑽を積むことで、
合奏のクォリティを上げていくことに繋がれば、
素晴らしいと思っています。

部内発表会がサロンコンサートに形を変え、
街中の会場で一般のお客さまをお迎えし、
愛好会の団員による様々なスタイルの演奏を聴いて頂く…
そんな取組みとなり定着してきました。

ここ数年の傾向は、常連に加え、
新ユニットが続々と登場しています。
特に若い団員の多数参加が頼もしいです。

選曲のジャンルの幅も拡がってきています。
お客さまの数の増えてきました。

今年はどんなコンサートになるのでしょう。
かんぢちょも恥ずかしながらエントリーしています。
“枯れ木も山の賑わい”ですしね。

静岡マンドリン愛好会
第12回 サロンコンサート
〜ソロ&アンサンブル〜

2016年5月28日(土)
開場12:30 / 開演 13:00
静岡音楽館AOI 7階 講堂

入場無料
posted by かんぢちょ at 00:47| Comment(0) | 日記

2016年05月03日

書道展

こんにちは。
Kimmy@かんぢちょです。

書道の先生をしている友人がいます。
彼女自身も先生について勉強し続けていて、
その先生が主宰する会で理事も務めています。

毎年、春にその会の書道展の案内を頂くので、
友人が会場に詰めている日を狙って
行ってみることにしています。

かんぢちょ、毛筆は全然ダメです。
せめて自分の名前くらい筆で書けたらいいな、
…と思うのですが。

書のことはよくわからないのに、
毎年必ず書道展に行くのは、
三つの理由があるからです。

一つは、その友人と近況を語り合う機会だから。
もう一つは、書の持つエネルギーを感じたいから。
…わからないなりに何か感じるものはあるのです。

友人が好んで書いている作品は、
三首ほどの短歌を自ら選び、
並べる順序なども
自分でデザイン(?)するスタイルです。

最初に筆を置いた時の緊張。
書き進め墨が次第に渇いていく雰囲気。
再び筆に墨を含ませ力強さが滲む感じ。
そして収束に向けての抜け感。

書のことは全く知らないのですが、
頭の中で“音楽”に変換しながら見ると、

思いがどこへ向かうのか、
どこを一番伝えたいのか、
何となく掴める(ような)気がするのです。

フレーズ感とでも言いますか、
一気に運んだことを感じたり、
ブレスをしたのを感じたりします。

残念なのは、
馴染みのない書体だと、
正直ほとんど読めなくて、
頭での理解が不完全なことです。

そのことを彼女に言ったら、
「私だって楽譜は読めないし、
曲の名前も作曲者もろくに知らないけど、
あなた達の演奏会は楽しめるもの」
…と返ってきました。

この友人と話していて嬉しいのは、
短い時間の中であるにも関わらず、
必ず何かキラッとした印象を残す言葉をもらえることです。

今年も頂きました☆

表現するって、
やっぱり素敵なことですね。

どんな分野のパフォーマンスであろうと、
感性という共通言語を通して、
それを楽しむことができるのだと、
あらためて感じました。

お互いの健康と健闘を祈りつつ、
心が豊かになったことを感謝しつつ、
サロンコンサートのチラシを手渡し、
会場を後にしました。

三つ目の理由、
サロンコンサートのお誘い。

今年は忘れずにチラシを渡せました。
(話に夢中になりすぎ、忘れがちが常ですが…)

静岡マンドリン愛好会
第12回 サロンコンサート
〜ソロ&アンサンブル〜

2016年5月28日(土)
開場12:30 / 開演 13:00
静岡音楽館AOI 7階 講堂

入場無料
posted by かんぢちょ at 12:14| Comment(0) | 日記