2017年09月17日

思い出の曲

こんにちは、Kimmyです。

長くマンドリン合奏に携わっていると、
それだけ色々な曲との出会いも重なってきます。
好きな曲、懐かしい曲…
曲そのものの素晴らしさに魅かれることもありますし、
何かしらの思い出とリンクする場合もあります。

学生時代、初めに感動した曲は、
アマディの「海の組曲」でした。
入学後、初めてマンドリンに触り、
8月の夏合宿まではほとんどパート練習ばかり。
それが合宿の合奏で「海の組曲」の響きを知り、
その素晴らしさに、
弾きながら感激で泣きそうになりました。

そう、夏合宿で思い出しました!
合宿の場所は岐阜県の某スキー場。
夏場で当然のことながら雪もなく、
青々とした山の斜面に、
牛が何十頭も放されていた光景が脳裏に焼き付いています。
照る日も降る日も、
ひねもす草を食む牛たちの光景です。

合奏に使っていた宿舎のホールの窓は、
眼前の斜面を一望できる大きな窓でした。
一週間に及んだ夏合宿。
午後からの合奏は、
窓に拡がる牛たちののんびりした様子に
連日眠気を誘われた、という思い出です。

その時に練習していた曲の中に、
今年の愛好会の定演で弾く曲が一曲入っていて、
とても感慨深いです。
当時「晩秋」という邦題でプログラムに載せた記憶がありますが、
今回は「秋の夕暮」がそのタイトルです。

「秋の夕暮」のスコアには、
2ndに始まりマンドラが続く冒頭の表現に、
“2本をずらして弾くように”
"羊のすず”
…と記されています。

夕暮時、羊飼いに伴われ牧舎に帰る羊たちが、
首に付けられた鈴の音を鳴らしながら、
次第に遠ざかって行く様子がイメージされます。
けれど前述の牛たちの光景が頭を離れず、
私には牛の鈴音に聞こえてしまいます。

ところで今年はイタリアの作曲家、
ジュゼッペ・マネンテの生誕150年にあたります。
そのことに因んで、
今年の愛好会のメインステージは、
マネンテを特集する企画となっております。

「秋の夕暮」の他に、
「瞑想」「華燭の祭典」
どれも素敵な曲です。
「瞑想」はマンドラで合奏した経験しかないので、
今回2ndパートで弾くのが楽しみです。

そして「華燭の祭典」
この曲にも私には深い思い出があります。
学生の時にどうしても弾きたくて、
選曲会議でプッシュしたものの、
弾くことが叶わなかった曲でした。

当時の私は1stマンドリンでした。
部室にあった1stのパート譜をこっそりコピーし、
(当時は“青焼き”と呼んでいた湿式コピー)
下宿で一人でコソ練をしていました。

その時から20年くらい経ったある年、
愛好会のマンドラ人員が足りないということで、
N野さんから急なお誘いを受けました。
なんと定演1ヶ月前というタイミングでした。

誘い文句は「華燭やるよ!」でした。
N野さんは私が華燭〜を弾きたいと思っていることは
知らなかったと思います。
が、奇しくも一発で落ちるワードをぶつけてきたのです。

もちろんOKしました。
ただ、その演奏会1回だけのつもりでした。
なのに気づけば以来22〜3年。
相変わらず愛好会に在籍し続けています。
そして毎年毎年、
色々な曲との出会いを繰り返しています。

今年の定期演奏会は11月4日(土)です。
N野さん指揮のメインステージのマネンテ特集の他、
邦人若手の作曲作品ステージ、
映画音楽のメドレーのステージを組みます。

皆さまの心に届くよう、
そして思い出の曲に加えて頂けるよう、
愛好会は今、定期演奏会に向けて
一生懸命練習に励んでおります。

IMG_1303.jpg
マネンテステージ練習風景

第43回定期演奏会
〜マンドリンの夕べ〜
2017年11月4日(土)
開場/17:45
開演/18:30
静岡音楽館AOI 8階 ホール
posted by かんぢちょ at 23:16| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: