2018年04月15日

アレクサンダー・テクニーク

こんにちは、Kimmyです。

学生時代から長年続けてきたマンドリンとの付き合い。
…なのですが、実は10年くらい前、
急にトレモロができなくなってしまうという、
実に困った状態に陥ってしまったのです。

それまで弾いていたマンドラからマンドリンに替わったから?
四重奏から二重奏に乗りかえたから?
え?!もしかして更年期障害!?

月2回の個人レッスンでは、
まるで初心者のようにピックと格闘。
毎週の合奏練習には参加するものの、
トレモロになると突然に腕がロック…
難しく考えることなく普通にやってきたことが、
何故か手も足も出ないような状態になってしまいました。

マンドリンを弾く上で、
通常トレモロは避けて通ることはできません。
絶望的でした。

自分自身で気づいていたのは、
身体中に無駄に力が入っていること、
この状況で心の動揺を鎮められないこと、
頭で考えていることが身体に伝わっていないこと。

これらのことを何とかしようと、
整体、バッチ・フラワー・レメディ、
アロマ・セラピー、
ヨガ、瞑想…
レッスン以外に色々試してみました。
様々な方向から自分へのアプローチを試みて、
何とかその状況から脱出しようともがきました。

そんな中、ひょんなことから知ったのが、
アレクサンダー・テクニークだったのです。
ある人から得た少ない手がかりから先生を探し当て、
メールでレッスンのアポイントを取らせて頂きました。

最初のレッスンで「真っ直ぐに立ってみて」と言われ、
背筋をピンと伸ばして立ってみた姿勢が、
実はかなり後ろに反っていたことを知り愕然としました。
他にも色々と自分自身に思い違いがあったことを知り、
何とまぁ、おかしな癖を身につけてしまったものだなぁ、
…と、しばらくは驚きの連続でした。

以来、月に1回程度のレッスンを受けるようになりました。
数年経った頃、先生は「身体は確実に変わってきていますよ」
と言って下さったのですが、
自分自身では考えることと身体の動きがバラバラな感じで、
わかったような、わからないような…という日々でした。
現在、レッスン開始から丸7年が経過したところです。

2ヶ月くらい前のレッスンで、
急に何か気持ちと身体にフワッとした瞬間が訪れました。

すかさず「そうです、それです!」と先生。

「え?!何!?」…という感じの私。

この期に及んでまだ、わかったような、わからないような…
ただ、意外とすぐ近くに「それ」があるらしいことに気づきました。

そんなことを実感できたのは確かなので、
今度は「みんなにも紹介したい」とお節介心がムクムク。
“みんな”というのは愛好会のメンバー達のことです。

以前から先生を講師にお招きして、
ワークショップのような機会を設けたいと考えていました。
私がレッスンを受けていることを知っているメンバーからの
「レッスンに興味がある」という声は度々耳に届いていました。
メンバーを誘って一緒にレッスンを受けに行ったことも何度かあります。
そろそろやってもいいかな…という気がしてきました。

先日、会場に目星を付け、
先生と日程の摺合せを行い、
具体的に企画して、
みんなに呼びかけを行ったところです。

募集1日目で予定人数の半分が埋まりました。
せっかくなので良いレッスンの機会にしたいな、
とワクワクしてきました。

全ては「良いパフォーマンスのために」です。
私達はアマチュア合奏団だけれど、
アマチュアなりに意識は高く持っていたいと思います。

アレクサンダー・テクニーク・ワークショップ。
7月に開催します!


第15回静岡県マンドリンフェスティバル
2018年5月13日(日)13:00開場/13:30開演
グランシップ中ホール
入場料:500円(中学生以下無料)


第44回定期演奏会〜マンドリンの夕べ〜
2018年11月24日(土)18:30開演予定
静岡音楽館AOI 8階 ホール
入場料:一般1,000円/学生500円

posted by かんぢちょ at 14:56| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: