2020年06月14日

セレーノの空に

こんにちは、Kimmyです。

実はこの5月、
リモート合奏に取り組むという活動を、有志で行いました。

リモート演奏・テレワーク演奏というと、
春頃に新日本フィルハーモニー交響楽団の「パプリカ」が話題になっていました。
高嶋ちさ子さんのアンサンブル動画もよく目にしましたね。
それらを見ながら「実際にやるのはハードルが高いんじゃないかなぁ…」
…と思いつつ、
「できたらいいな…」と考えていました。

そんな中、愛好会でも3月以降の演奏会がいくつか中止や延期となり、
日頃の練習も当面見合わせ、という状況となってしまいました。
「このままでは…」と止むに止まれぬ思いに駆られつつ、
「誰かが言ってくれるだろう」「自分から言ったら大変」
…と、リモート合奏の提案には躊躇がありました。

なのに、
結局ついつい言い出しっぺになってしまいました。

愛好会メンバーという絆を頼りに、
音楽を楽しむという本来の目的を思い起こし、
皆んなで結束して今できることでこの状況を乗り越えましょう!
…という思いを自分の中だけに抑えることができませんでした。

概要としては、
メンバーからの動画提供、
集めた動画の編集、
完成した動画の共有、
YouTube、Twitter等への発信…

…とは言えノウハウはないので、
まずは若いメンバー数人に相談してみるところから活動開始です。
もらったアドバイスを参考に、自分でもネットでリサーチを試み、
アプリでの動画編集の練習などにもコソコソと挑戦してみました。

曲は「セレーノの空に」が良いと思いました。
この曲は昨年度、堀雅貴先生にお願いして、
愛好会のために書き下ろしていただいたものです。
富士山の高さがモチーフになっているのが肝で、
静岡に因んだ唱歌の一節がチラッと垣間見えたりもする素敵な曲なのです。

昨年の第45回定期演奏会に、
客演の橘直貴先生に指揮をしていただき初演したものを共通音源と決め、
リモート合奏に挑戦することを提案しました。

メーリングリストで全体に呼びかけてみたところ、
表立っての反応はなかったものの、
個人的に連絡をくれるメンバーが何人か現れました。

更なる推進力を得るために女子力にも頼ろうと思い、
例の“女子会グループLINE゛にも投稿しました。
すると、こちらでは若いメンバーからの手応えが得られました。

強制ではないので催促がましいことは控えようと思っていましたが、
自主的にパート内を取りまとめてくれる人達もいて、
参加人数の把握なども進み、とても心強く思いました。

数日が経ったある時、
若いメンバーのMちゃんから
「動画編集で何か力になれることがあれば」
という有難い申し出をいただきました。
編集ソフトなども持っているとのことで、
全く経験のない私がモタモタと編集するより
格段にクォリティが上がることが期待できるのです。
本当に「Mちゃん神!」と思いました。

さて、自分でも演奏動画を撮らなくてはなりません。
私は日常的にJSYMOの事務などでマンドリン絡みのことをしていて、
マンドリンはいつでも身近なものだとつい錯覚していたのですが、
実は2ヵ月ほど楽器に触っていなかったことに気づきました。

とりあえずイメージトレーニングのため、
音源を聴き込むことから始めました。
数日後、ようやく楽器を出して、
動画に合わせて弾いてみる段階に進みました。
参加予定のメンバーから「思った以上にテンポが取りにくいですよ((笑)」
という声が届いていたのですが、
遅ればせながらそれを実感しました。

とにかく言い出しっぺなので、
締切より少なくとも数日前に動画の提出をすることを自分に課しました。
そんな“謎の誓い”に縛られたことで何テイクも撮り直す時間が作れず、
とうとう不出来なままの提出となりました(想定内)

締切から数日後、
Mちゃんから参加メンバーの音源を合わせたものが送られてきました。
聴いてみてビックリ…
テンポの変化に富んだ揺れる曲で、
音源に合わせて弾くのはとても難しかったのですが、
まるで一緒に弾いているかのように良く合っていたのです。

もちろんMちゃんの丁寧な編集のおかげなのですが、
参加メンバーが共通音源に心を合わせて一つになろうと頑張ってくれたことが形になり、
大変素晴らしいものが出来上がったのだと感激しました。

翌日になりMちゃんから更に動画が乗ったものが届きました。
完成版でした。
メンバーの顔が見えると、感激も一入です。
参加メンバーの協力とMちゃんの尽力の賜物…と、
感謝の思いでいっぱいになりました。

作曲者の堀先生にご報告をしたら、
お褒めの言葉の返信をいただきました。
「セレーノの空に」を大勢の人に聴いていただく機会ができ、
堀先生も大変喜んでくださいました。

以下は昨年、曲が出来上がった当初の堀雅貴先生のお言葉です。
『タイトルは「セレーノの空に」としました。
sereno(伊)晴れた・穏やかな・静かな
穏やかな海・太陽と実り多い豊かな山・晴れやかで「静」かな空(そうら?笑)』

ご自身も静岡に所縁のある堀先生は、
こんなイメージで作曲をしてくださったのです。

「セレーノの空に」は、愛好会にとっては大切な曲です。
これからも機会ある毎に弾き繋いでいきたい曲です。

【解説】
空…の後の「そうら?」は、しぞ〜か弁で「そうでしょ?」
オヤジ系のギャグで遊ばれた堀先生だったのでした(笑)
https://youtu.be/XAFh1-JuLUI

IMG_0558.jpg


posted by かんぢちょ at 17:46| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: