2018年08月09日

ジャパン・スーパーユース・マンドリンオーケストラ

こんにちは、Kimmyです。

この夏、ここ静岡で新しい試みが、
全国に向けて発振される予定です。
((((((((♪))))))))
それは、
「ジャパン・スーパーユース・マンドリンオーケストラ・プロジェクト」

…長いので、「スーパーユース」と略して書きます。

スーパーユースの理念、それは、
“プロの指導でマンドリン属・ギター奏者のレベルの底上げを図る”
“将来的にマンドリンオーケストラのプロを輩出する土壌を作る”
“マンドリンオーケストラを世の中に広める”

私も参加します。
と言っても、既にユースの2人分くらい生きてしまっている私。
奏者としてではありません(言わなくても伝わってました?)

事務局として裏方のお手伝いをさせて頂いています。
動き出して既に1年が経過し、
今月いよいよ本番を迎えることとなりました。

尊敬する素晴らしい講師の方々や、
これから出会う全国から集まる若い挑戦者の方々。
そんな皆さん方のために、
及ばずながら力を尽くしたいと思っています。
(乗りかかった船…とも言う)

マンドリンの世界は”マイナー“と言われがちです。

以前、マンドラを背負って静岡駅をウロウロしていたら、
地元の某テレビ局の撮影クルーに呼び止められ、
「何を背負っているんですか?」と聞かれたことがありました。
“楽器“とさえ認識されなかったのでしょう。
「マンドラです」と答えたものの、
それが何であるのか、わかって頂くのは意外に大変でした。

時間帯は夕方。
ローカルの生情報番組の最中だったようです。
毎日、駅の南口から中継を入れるコーナーがあり、
視聴者に向けてクイズを出題するとのこと。
スタッフは、そのネタを探していたようでした。

聞けば「変わった人を探しています」と言うのです。
得体の知れない怪しげなモノを背負って通りかかった私に
白羽の矢が立ったのだと理解しました。

"この楽器は何でしょう?“という問題にしたかったらしいのですが、
スタッフ達がマンドラを知らなかったため、
急遽“マンドラはどこの国の楽器でしょう”
という三択問題を出すことになりました。
(ちなみに正解者には干しシイタケとお茶のプレゼント)

まぁ、このハナシを長々とするつもりはないのです。
とにかくマンドリン属の楽器の認知度は、
残念ながら世間ではまだまだ低いということなのです。

スーパーユースのプロジェクトの試みが良い方向に進み、
マンドリン属・ギターの楽器の素晴らしさに触れる人が増え、
世の中にそれらを広めていけるという好循環が生まれたら…

楽器を持って駅でウロウロしていれば、
「あ、あの人マンドラを弾くんだ」と羨望の眼差しで見られるでしょう。
大きな楽器を背負って人混みでうっかり誰かにぶつかっても、
「あ、マンドロンチェロを弾かれるんですね、頑張って下さい!」
…と、怒られるどころか励まされたりするでしょう。

そんな日がいつ来るのだろう…
…と待っていても、
そう簡単に来てくれはしないでしょう。
だからこそ実現への道を拓くのです。

それが、
「ジャパン・スーパーユース・マンドリンオーケストラ・プロジェクト」

是非とも、盛り上げていきたい試みだと思います。
多くの方々のご理解、ご協力、ご賛同を賜りたいと存じます。

2日間の短期セミナーの成果は、
3日目のコンサートでお披露目という運びです。
8月19日(日)開催の1stコンサートに、
皆さまどうぞご来場下さい!
日本マンドリン文化の歴史の1ページに刻まれる、
ユースオーケストラの第一歩の目撃者になって下さい。

【ジャパン・スーパーユース・マンドリンオーケストラ】
セミナー:8/17(金)〜18(土)清水テルサ
コンサート:8/19(日)しずぎんホール「ユーフォニア」
チケットのお求めはHPのお取り置きフォームをご利用下さい。
http://youth-mandolin.org/


第44回定期演奏会〜マンドリンの夕べ〜
2018年11月24日(土)
開場17:45/開演18:30
静岡音楽館AOI 8階 ホール
入場料:一般1,000円/学生500円
posted by かんぢちょ at 17:23| Comment(0) | 日記

2018年07月14日

アレクサンダー・テクニーク2

こんにちは、Kimmyです。

マンドリンとトレモロは切っても切れない関係です。
奏法や表現の方法は曲によって使い分けが必要ですが、
通常はトレモロを避けては通れないのがマンドリンの世界です。

ある日突然トレモロができなくなってしまう…
そんな恐ろしいことが、
実際自分の身に起きたことがあります。

…ということを以前ここに書きました。

立ち直りのために色々と模索していた時に出会った
アレクサンダー・テクニーク。
それは自分の身体と心に向き合うきっかけになりました。
私は何を感じ、何を考え、そしてどうしたいのか。
以来、自分で心を決めて行動することを学びつつあります。

先日、愛好会有志が9人集まって、
アレクサンダー・テクニークの教師、黒田好美先生をお迎えし、
3時間ほどのワークショップを開催しました。
テーマは、
「楽器演奏者としてより良いパフォーマンスをするには」

まずは骨格模型のナオキ君から
脊椎と頭蓋骨の関係や、
身体の各部の繋がりなどを教わりました。

アレクサンダー3.jpg
ナオキ氏

次に先生が提案されたのは、
これまでの「あたりまえ」「ふつう」を
一度手放して見直してみるための実践的ゲーム。
例えば目をつぶって歩くとか、
人差し指で支える割りばし一本で隣の人と繋がり、
目を閉じてそれを落とさないよう互いに立ったり座ったりするとか。

そんな数々のゲームを通して、
周りの人や様子から様々なことをキャッチしたり、
場合によっては緊張を覚えることを自覚してみたり。

アレクサンダー1.jpg

その後、各自が楽器を持って座ってみました。
ちょっとした姿勢の不自然な癖を、
先生に本来あるべき向きに少し修正して頂くと…
本人も周囲も驚くほど音が変わったのです。

アレクサンダー5.jpg
アレクサンダー6.jpg

先生のhands-onで得た筋感覚を言葉にしてみる体験は、
誰しもが新鮮に感じました。
無意識にしていた動きが本当に必要なことなのか、
更にはそれを止めることを選ぶという発想に触れ、
まさに目からウロコが落ちる感じでした。

先生は、「人前で音楽を奏でるという表現者にとって、
自分の反応や思考がダイレクトに音楽に影響していることに気づいて」
と仰るのです。
そして「表現者の自覚をどう育てていくのか気づいて」とも。
また、刺激は外から訪れるものだけれど、
反応は私たちが自由に選択できるものだと教わりました。

自分の身体をどう使っていくのか。
身体の各部の繋がりを思い出し、
外からくる刺激に対する緊張をやり過ごし、
伝えたい音楽を奏でる自分を思い描いてみました。

すぐにクリアできることではないと思うのですが、
レッスンで得た様々なヒントを糧に、
ワクワクしながら楽器と付き合っていきたいと
あらためて思いました。

9人いれば9人9色。
人それぞれの反応がお互いに良い刺激になりました。
グループレッスンは私には非常に興味深かったです。

アレクサンダー・テクニーク・ワークショップ。
是非また開いてみたいです。
黒田好美先生、ありがとうございました!

アレクサンダー4.jpg


【静岡マンドリン愛好会】
 第44回定期演奏会
〜マンドリンの夕べ〜
2018年11月24日(土)
開場17:45/開演18:30
静岡音楽館AOI 8階 ホール
入場料:一般1,000円/学生500円


【ジャパン・スーパーユース・マンドリンオーケストラ】
セミナー:8/17(金)〜18(土)清水テルサ
コンサート:8/19(日)しずぎんホール「ユーフォニア」
http://youth-mandolin.org/
posted by かんぢちょ at 22:20| Comment(0) | 日記

2018年05月05日

BBQ

こんにちは、Kimmyです。
愛好会のG.W.の恒例行事と言えば、
バーベキュー!

ずっと気になっていたお天気。
G.W.前半と後半は晴天の予報が出ていたものの、
予定されていた日に限って荒天予想。
どうなることやら…心配しました。

前日の夜は雨が降り、明け方は嵐でした。
けれど、朝の内に急速にお天気が回復し、
予定通りに開催の運びとなりました。

若い人たちが率先して幹事を引き受けてくれて、
今年も伝統がちゃんと守られました。

IMG_3716.jpg
乾杯!

私が初めてバーベキューに参加したのは遥かな昔。
その時はほぼ最年少…
今年など確実に最年長だった私にも、
そんな時はあったんですよね。

何故かお味噌汁を任されたのですが、
ダシ系を調達し忘れるという、いきなりの失態。
仕方なくタマネギとシイタケを大量投入して、
あとは苦し紛れに意味不明の念を送り、
最後にワカメとお豆腐で見た目を整え誤魔化しました。

そんな怪しげなお味噌汁でも、
野外でみんなと食べると何となく美味しかったんです。
毎年の愛好会バーベキューの度に、
密かにそんなことを思い出しています。

楽しく談笑しながら次々と焼き上がる食材は、
どれもとても美味しいものです。

そんな中でも最近の楽しみは、
I東さんが長年の試行錯誤の末、ついに製法を極めた焼き芋と、
調理師免許を持つN倉さんの年替わりデザートです。
いずれも感動の仕上がりでした。
お二方、今年もありがとうございました!

IMG_3722.jpg
伝統の焼き芋
IMG_3729.jpg
パティシエN倉のフレンチトースト

自然の中で一日ユルっと過ごし、
よく笑い、よく食べ、よく飲み、
思い切り遊んだあとには、
「静岡県マンドリンフェスティバル」の
本番が待っています。

いよいよ来週です。
現実に戻って練習もしないとね。

IMG_3740.jpg



静岡県マンドリンフェスティバル
2018年5月13日(日)13:00開場/13:30開演
グランシップ中ホール
入場料:500円(中学生以下無料)


第44回定期演奏会〜マンドリンの夕べ〜
2018年11月24日(土)18:30開演予定
静岡音楽館AOI 8階 ホール
入場料:一般1,000円/学生500円
posted by かんぢちょ at 23:08| Comment(0) | 日記