2016年06月19日

合宿

こんにちは。
Kimmy@かんぢちょです。

愛好会では定演に向けて合宿を行います。
原則的にシーズン中2回実施します。
集中的な練習ができるので、
演奏会前の2ヶ月の間に計画します。

その昔、かんぢちょが入会した頃は、
人数が少なかったので、
全員が参加できる日にちで設定…
…などということが可能でした。
(当時は1回のみでしたが)

現在は会員数が多くなったこともあり、
仕事の都合などで日にちによっては
合宿参加が難しいメンバーも出てしまいます。

なるべく多くのメンバーが参加できるよう、
日程を早めに決定するようにしています。
場所も途中参加等に配慮し、
あまり遠すぎない所を探すようにしています。

「2日続きの日程」
「音が出せる環境」
「アクセス」」
「キャパシティ」
「アメニティと価格のバランス」
「飲食物持ち込みの可否」

合宿の実施には考慮すべき点が色々あって、
どこでやるのか…という問題は難しく、
合宿委員も大変です。

ここ3年は同じ施設を利用しています。
近さやキャパの問題はまずまずですが、
逆に市内のメンバーには近すぎるのか、
泊まらずに帰ってしまう人が増えてしまいました。

再びのかんぢちょ昔話ですが、
合宿の夜…と言えば、
宴会・花火・トランプ他ゲーム等々でした。
特にトランプは「大富豪大貧民」
これで盛り上がるのが伝統でした。

ま、トランプの思い出話はともかくも、
合宿の目的の中には、
「親睦」が含まれていると思うのです。

そもそも愛好会規約の活動目的の項目で
一番最初に出てくる文言は、
「マンドリン合奏を通して会員相互の親睦を図る」
…なのです。

合宿一日目の練習が終わったら、
みんなで一部屋に集まって、
うるさくない程度の宴会を開きます。
親睦を図る伝統は今も守り続けています。

今年の総会では、
「合宿の夜にゲームをやろう!」
…という提案がありました。
これは是非実施したいと思います。

できれば“近い”と思っても
帰らずに泊まって欲しいですし、
一旦帰らざるを得ない人も、
親睦タイムまでは残って欲しいな、
…と思っています。

一晩でも家を離れるとなると、
主婦会員は何かと家事の算段が大変だし、
働き盛りの会員も時間の確保に四苦八苦。
2日続きで留守するのですから、
家庭サービスにもシワ寄せがいってしまいます。

周囲の理解なくしては、
合宿参加のみならず、
愛好会での活動自体あり得ません。

家族を始めとした周囲に感謝を忘れず、
普段の練習や合宿に参加していきたいと思います。

それらを通して、
親睦を図りつつ相互理解を深め、
信頼関係をより強め、
合奏のクォリティを上げることに
繋げていきたいと思います。

目指すは10月22日の定期演奏会です!


静岡マンドリン愛好会
第42回定期演奏会

〜マンドリンの夕べ〜

2016年10月22日(土)
開場17:45/開演18:30

静岡音楽館AOI 8階 ホール
入場料:一般1,000円/学生500円
posted by かんぢちょ at 22:43| Comment(0) | 日記

2016年06月07日

練習参加ガイドライン

こんにちは。
Kimmy@かんぢちょです。

社会人団体の悩み。
数々ある中でもそこそこ大きな問題。
それは練習日に参加できるかどうか、
…ということ。

愛好会の練習日は、
基本的に週一回の平日夜間の2時間程度。
月に一度はそれを土曜日と振り替え、
平日の参加が難しい会員の便宜を図ります。
定演半年前からは日曜強化練習もこれに加わります。

仕事によっては、
逆に平日の方が参加しやすい会員もいます。
どんな練習スタイルが最適であるのか
見極めることは難しく、
長年続いている方法を踏襲している状況です。

8年前に「練習参加ガイドライン」
なるものを設けました。
“自分は演奏会に参加できるのかどうか”
各自で判断するための基準が示されています。

“ガイドライン”などというと、
一見厳しそうですが、
簡単に言うと案外ユルい感じです。

FullSizeRender.jpg
      ↓
平日の練習にはできる限り参加しよ〜ね♪
月に一回は土曜日に変更するからなるべく来てね☆
日曜強化練習、シーズン中で7割くらいは出られそう?
合宿もあるんだけど半分は来てほしいな〜
まぁいろいろ事情もあるよね、
パートリーダーと相談してい〜感じにヨロシク!


…ということが書いてあるのです。

ガイドラインは、
きっちり数字を守るためとか、
他人の参加状況をチェックするためのものではありません。

そもそも合奏をやりたくて
入会した人達の集まりです。
みんな演奏会に出る気満々なワケです。

みんなで良い演奏をするためには、
認識を一致させ、
同じ方向に向かっていかなくてはなりません。
そのために練習を重ねます。

まずは『やる気』
その上で個々の『努力』
そしてお互いの『理解と協力』

これらがあれば、
メンバー同士支え合って
ステージに上がれるのではないか、
…と思うのです。

愛好会の活動は「遊び」
でも、とてもまじめな「遊び」です。
あらゆる意味で、
人に迷惑をかけないよう遊びたいと思っています。

あくまでも仕事・家庭・学業が優先です。
職場や家庭に迷惑が及ばないよう、
優先順位の選択を見誤らないようにしなくてはなりません。

そして各自がガイドラインを踏まえ、
できる範囲でそれに副うよう、
練習に参加していきたいと思います。

目指すは10月22日の定期演奏会です!


静岡マンドリン愛好会
第42回定期演奏会
〜マンドリンの夕べ〜

2016年10月22日(土)
開場17:45/開演18:30
静岡音楽館AOI 8階 ホール

入場料:一般1,000円/学生500円

posted by かんぢちょ at 15:15| Comment(0) | 日記

2016年05月27日

サロンコンサート

こんにちは。
Kimmy@かんぢちょです。

明日はサロンコンサートです。
エントリーしているメンバー達は、
合奏の練習とは別の日程で、
各々熱心に準備してきました。

今回で12回目を迎えるサロンコンサート。
思い起こせば11年前、
当時のN代表の英断で
第一回目が開催されたのが始まりです。

プログラムを見ると、
団内からの参加者だけでは足りず、
各方面に声を掛け、
何とか形にした苦労が見て取れます。

IMG_3147.jpg
第一回サロンコンサートのチラシとプログラム

実は遡ることその数年前、
合宿での「部内発表会」という企画を
前出のN代表が思いついたのが
そもそもの起こりなのです。

合宿一日目の夜の宴会の折に、
エントリーしたソロやアンサンブルの何組かが
団員の前で演奏するスタイルでした。

演奏者名は事前に会報で告知があり、
プログラムは当日ホワイトボードに記されました。
飛び入りもアリで、
大抵は酔っぱらったおじさん系でした。

今思うと、何かとゆる〜い感じでしたねぇ。

ある年、合宿の施設の夜間警備が突然厳しくなりました。
なんと宴が盛り上がっていたその時、
現れた警備員さんから注意を受け、
ついに中断を余儀なくされるという事態を迎えました。

世に言う「部内発表会中断事件」です。
(誰も言ってないか…(^_^;))

IMG_3148.jpg
過去のサロンコンサートプログラムたち

私たちは普段は合奏という形態で、
6パート以上の編成で演奏をしています。

パートにもよりますが、
同じパートは複数名で構成され、
団員が単独、
もしくは少人数で人前で演奏する機会は稀です。

が、個々の演奏スキルを磨くには、
思い切ってソロや小アンサンブルを経験することが
とても有効なのです。

大勢の中で人に頼りながら弾くのに比べ、
より自分の音楽と向き合わざるを得ないからに他なりません。

個々に研鑽を積むことで、
合奏のクォリティを上げていくことに繋がれば、
素晴らしいと思っています。

部内発表会がサロンコンサートに形を変え、
街中の会場で一般のお客さまをお迎えし、
愛好会の団員による様々なスタイルの演奏を聴いて頂く…
そんな取組みとなり定着してきました。

ここ数年の傾向は、常連に加え、
新ユニットが続々と登場しています。
特に若い団員の多数参加が頼もしいです。

選曲のジャンルの幅も拡がってきています。
お客さまの数の増えてきました。

今年はどんなコンサートになるのでしょう。
かんぢちょも恥ずかしながらエントリーしています。
“枯れ木も山の賑わい”ですしね。

静岡マンドリン愛好会
第12回 サロンコンサート
〜ソロ&アンサンブル〜

2016年5月28日(土)
開場12:30 / 開演 13:00
静岡音楽館AOI 7階 講堂

入場無料
posted by かんぢちょ at 00:47| Comment(0) | 日記